« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

ホストファミリーからのお手紙(Sファミリー)

今回はホストファミリーのSファミリーからのお手紙を紹介します。
Sファミリー宅には、2月から高校生が3ヶ月間滞在しています。
彼女からの体験談も是非ご紹介したいと思いますので、楽しみにしていてくださいね。

---------------------------------------------------------------

Welcome to Vancouver!

バンクーバーへようこそ!

My name is -- and my husband's name is --.  We have a three year old son named -- and a new baby on the way. We have one room for student accommodation and don't have any pets, and we will be your host family for your stay in Vancouver.

私は○○といいます。夫の名前は○○です。3歳になる男の子と、実はおなかに赤ちゃんがいます。あなたのためにひとつお部屋を用意しました。ペットはいません。バンクーバーにいる間、ホストファミリーとしてよろしくお願いしますね。

Vancouver is truly one of the most beautiful cities in the world!  I believe you will find your time in Vancouver to be an exciting learning experience and you will make memories to last you a lifetime.

バンクーバーは世界の中でも本当に最も美しい街だと思います!

あなたの思い出に一生残るような素晴しい体験ができると思います。

We live in fabulous North Vancouver, a very safe, clean and friendly city. We can boast that all of Vancouver's ski hills are located here on the North Shore, that we have numerous amazing biking and hiking trails and that we have all sorts of outdoor activities such as kayaking and golfing.

私たちの住んでいるところは、ノースバンクーバーといってとても安全できれいでフレンドリーな街です。バンクーバーのスキー場のほとんどがここノースショアにあります。スキーだけでなく、マウンテンバイクでの山下りやハイキング、カヤックやゴルフなどのアウトドアがたくさん楽しめます。

 

CapiranoWe are also close to many of the main attractions that Vancouver has to offer. For example, the Capilano Suspension Bridge, Grouse Mountain, Maplewood Farm, Lonsdale Quay, the Capilano Salmon Fish Hatchery and Ambleside Beach are just a few of the local attractions that can be found on the North Shore.

Lonsdalequay他にもバンクーバーの観光地にとても近く、キャピラノサスペンションブリッジ(つり橋)、グラウスマウンテン、メープルウッドファーム、ロンズデール・キー、キャピラノ・サーモンフィッシュ・ハッチェリー、アンブレサイドビーチなどはノースバンクーバーからすぐの観光名所です。

 

We live in a newly renovated, comfortable home. It is very centrally located in the Upper Lonsdale area. The closest bus stop is a 5 minute walk away. The seabus and Lonsdale Quay are only a 15 minute bus ride away, and our home is within walking distance to parks, restaurants and shopping.

私たちの住む家は新しく改築された住み心地のいい家です。ロンズデールの丘の上の中心街にあり、バス停まで5分、そこからシーバスの乗り場まで15分ほどです。公園やレストラン、ショッピングへも歩いていけます。

We know you will enjoy the city and look forward to meeting you very soon!

From your host family,

S

あなたがこの街を十分楽しめますように、お会いするのを楽しみにしています!

カナダ留学のコアカナダ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダグラスカレッジ(Douglas College) 幸子先生からのあいさつ

Sachiko

カナダ留学を目指している皆さま、こんにちは。 ダグラスカレッジ、国際教育センターの須長幸子と申します。

「日本の高校を卒業してカナダの大学へ進学したい」、「外国で自分の力を試してみたい」、「キャリア留学を目指したい」、皆さまさまざまな夢や目標を持っていると思います。

カナダの西海岸、グレーターバンクーバーにキャンパスを構えるダグラスカレッジで、皆さまの目的をかなえるための留学第一歩を踏み出してみませんか?

暮らし馴染んだ日本を離れ、習慣や言葉のなれない国での生活は、つらいことや大変なこと、もどかしく思うこと、こんなはずじゃなかったと悩んでしまうこともあるかもしれません。 でも最後には、「思い切って挑戦してみてよかった!」と思える日がきっと来るはずです。

留学には、勉強はもちろんのこと、皆さまの視野や価値観を広げ、より大きく成長させてくれるだけの「力」があります。 私も、10数年前に始めて留学生としてカナダにきてから今日に至るまで、毎日いろいろなことがありました。 今はその日々の経験を活かし、留学生の皆さまのお手伝いができることを嬉しく思っています。

ダグラスカレッジでは、皆さまがカナダ人学生と同じ教室の中で、有意義で充実した留学生生活を送れるようサポートさせていただきます。

いつかダグラスカレッジで皆さまにお会いできることを楽しみにしています。

須長幸子

インターナショナル・エデュケーション・アドバイザー

カナダ大学留学のコアカナダ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダグラスカレッジ(Douglas College) クリスチャーン先生からのあいさつ

P1160197ダグラスカレッジ 国際教育センターにおられるクリスチャーン先生です。
日本のカナダ大使館主催 留学セミナーにコアカナダとともにブースをひらいておられた、とてもつながりの深い方です。

日本の高校訪問では、ジェントルマンな笑顔とウェスタンな雰囲気で高校生に大人気でした。

------------------------------------------------------------

ダグラスカレッジはもうすぐ40周年を迎える教育水準の高いカナダの公立カレッジです。ダウンタウンの中心部から25分のニューウェストミンスターという歴史ある町に校舎を構えています。

ダグラスカレッジでは、約20年前に国際教育センターが設立されて以来、何千人という日本人留学生が留学目標を達成するための支援をしてまいりました。日本人スタッフが常勤し、日本に暮らしたことがあるスタッフや、日本を旅したことのあるスタッフが皆様をサポートし、プロフェッショナルなホームステイ・コーディネーターがフレンドリーで暖かいカナダのホームステイを紹介し、皆様のご到着時にお迎えいたします。

英語コースから始まり、世界のトップクラス大学へ、学士号、修士号、博士号を取得するために編入していった多くの日本人留学生が、ダグラスカレッジの質を表しています。ダグラスカレッジの教育の質は、トップクラスの大学より、質、レベル共に彼らの大学と同等であり、ダグラスカレッジの単位は各大学へ移行できると認められています。 その事実が、カナダのトップ大学の2年次、または3年次に単位移行が可能な500以上の大学編入クラスの基礎を作りあげています。

人気の編入先大学は、ブリティッシュ・コロンビア大学(UBC)、サイモン・フレイザー大学(SFU)、ビクトリア大学(UVic)です。トップクラス大学への編入実績は、カレッジがアカデミックな英語力向上に大きな注意を向け、留学生を応援している成果でもあります。学校のサポートは、皆様の留学生活を成功させるひとつの鍵です。

ダグラスカレッジとコアカナダエデュケーションは、トップクラス大学への編入の道をよりご理解いただくために、プログラムへの詳細なご質問にお答えし、世界的に評価高い教育の達成を目指す方にダグラスカレッジがどのような力になれるかを説明させていただくために、皆様にお会いできますことを楽しみにしています。

カナダ大学留学のコアカナダ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »