« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

親子留学体験談 Hさんの場合

Cimg5029 9月からGrade7に入学されるZ君と、自身も語学学校で英語を勉強されるお母さまがカナダに到着されました。
到着して3日、とれたてほやほやの感想文です。

---------------------------------------------------------------

短い間に、手取り足とり色々な手続きをしていただき、とても感謝しております。
きっと、一人ではこの数倍の時間を要しただろうと思います。
これから留学しようとしている方の少しでも参考になることを願い、私の体験談を綴りました。

Photo 中野さんを知ったのは、はるか遠くのイスラム国からです。 当時、私の旦那は日本で仕事をしており、その国へは母子だけで暮らしていました。その後、国内情勢が悪くなり帰国を考えていました。しかし、旦那は日本へではなく、英語圏の国へという考えでした。私も息子には、もう少し自由な国が合うと思っていたので、まず、ネットの情報探しから始めました。

何年か前もその国へ行く前に調べたことがあり、アメリカとイギリスは、とにかく留学費が高すぎて除外し、ニュージーランドとオーストラリアも、英語の発音がきれいではないということから除外していました。私の中では、カナダ以外なかったので、朝から晩まで、ネットで「カナダ 親子留学」で検索していました。

相当な数の留学センターがありました。しかし、そのほとんどが私の知りたい情報を載せていなくて、どこも同じに見えて、問い合わせをかける気が起きませんでした。

でも、中野さんのブログに辿り着いた時は、こちらなら!と思い、スカイプで連絡を取り、直に中野さんへ私達の状況や疑問等を相談しました。そうしたら、それまで何日間も考え込んでいたことがすべて明確になり、希望がわいてきました。

それからは、ビザ申請は日本の方が良いいうことで、一旦、日本へ帰りました。 私と息子の通う学校の情報等はすべて中野さんとメールやスカイプで相談しながら決めました。
ビザ申請をする前に、必ず学校からの就学許可書が必要となるわけですが、この書類は学校へ入学金と授業料を納めてから届きます。その為、ビザも下りていないのにカナダへ大金を送金しなくてはならないので、決断するのに勇気がいります。私も中野さんのブログがなければ、送金していたかわかりません。

中野さん自身も私と同じように親子留学を経験していて、しかもカナダの学校や日常的なことをぼかしも入れていないご本人の写真や経験談を載せて、紹介しているので、中野さんなら大丈夫と思い手続きをお願いいたしました。 ビザ取得に少し手こずりましたが、今は本当にあの時、行動を起こして突き進んで来て良かったと思います。

Photo_2 カナダへ来てまだ3日ですが、住居、銀行手続き、車、免許証、携帯、通学準備など生活する上で必要なことが全て済んでいます。これも中野さんがカナダへ来る前だけでなく、生活を起動にのせるまでを考えていてくれて、中野さんの愛情をひしひしと感じることが出来ます。 こうした面倒な手続きを意図もなく普通に出来るのは、ご自身が留学するときに、大変な思いをされて来た上でのことだと思います。そういう大変な思いもせず、簡単に中野さんを通して、私が短時間で済ませてしまうことに、申し訳なく思います。
いつか私と息子で、中野さんがチャンスを作ってくれたおかけで、ここまで成長出来ましたと言えるように努力したいと思います。

親子留学のコアカナダ

留学ブログランキング ランキングに参加しました。ワンクリックお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バンクーバーの観光地 グランビルアイランド

Dsc02821バンクーバー・ダウンタウンの南にある出っ張った港、グランビルアイランド(Granville Island)は観光地としてとても有名です。

バンクーバー最北のスカイトレイン駅、ウォーターフロント(Waterfront)からは直通のバスが出ていますので、それに乗るのが一番早いと思います。

※グランビルアイランド行きバス、50番の地図はこちら
http://www.translink.ca/~/media/Documents/Schedules%20and%20Route%20Maps/58/routemap/r050.ashx

※グランビルアイランド行きバス、50番の時刻表はこちら
http://www.translink.ca/~/media/Documents/Schedules%20and%20Route%20Maps/58/timetables/tt050.ashx

Dsc02808 グランビルアイランドにはパブリックマーケットという市場があります。そちらでのお土産の購入や、そとで行われる路上パフォーマーのだしものをみたりするのが人気の過ごし方です。

Dsc02807 天気がいい時はダウンタウンのきれいなビル街を、大きな川をバックに眺めることができます。

夏場はずっと晴れていますので、写真をとるには最適です。冬場は霧が出ていない限りはいい景色が眺められるでしょう。
Cimg2523
3ドルからのフェリーによる観光もおすすめです。乗り放題や、ツアーもあり、7~12ドルくらいで十分な海のたびが楽しめます。
観光名所のチャイナタウン、サイエンスワールドなどにもよってくれます。

Dsc02837 名物の海の上にある家々も眺めることができます。
家のデザインも西洋チックで見ていてあきません。

Dsc02829 近くのギフトショップ・おもちゃ屋さんの2回には、スーベニアメダルという、カナダの1セントを使ったバンクーバーの記念メダルを作る機械があります。

グランビルアイランドにお寄りの際は、ぜひ試してみてくださいね。

グランビルアイランドの公式サイト
http://www.granvilleisland.com/en

カナダ留学のコアカナダ

留学ブログランキング ランキングに参加しました。ワンクリックお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »