大学留学体験談

カナダの大学卒業体験談:トリニティーウエスタン大学

カナダの4年制大学・トリニティーウエスタン大学に高校卒業後留学され、現在卒業後、カナダで永住権を獲得し、カナダの企業で就職された松井さんの大学留学感想文です。

-------------------------------------------------------------

Mieana_grousemtn1 カナダの大学に留学したこと私の人生を大きく変えました。英語のマスターはもちろん、心理学を第一専攻、ビジネスを第二専攻として学び、世界観が広がる経験をしました。レクチャーを受けたり、プレゼンテーションすることなど、最初は少し不安でしたが、フレンドリーで、温和な多くのカナダ人友達の助けをかりて、少しずつ慣れていき、最後にはみんなと一緒に卒業することができました。何にも変えられない経験、そして将来の道を広げてくれた留学は私の人生の財産です。

-------------------------------------------------------------

現在高校卒業後の進路としてカナダ留学を希望される学生さんが増加しております。

コアカナダでは日本で教員免許を持ち、教員としての経験もあるスタッフを教師としてカナダ・日本の両方に配属させています。スタッフによる日常生活・学校生活・進路カウンセリングもしているコアカナダはやる気のある生徒さんを心からサポートいたします。


Trinity Western University(トリニティーウエスタン大学)のホームページはこちら

カナダ留学のコアカナダ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大学の下見とカナダ旅行

Sigcl32009年5月より、高校卒業後カナダ大学留学を決意された学生さんと、そのご両親様がカナダに下見にこられました。

大学では留学生担当のクリスチャーン先生、そして日系人のヒロシ先生のお二人が特別に大学内を案内してくださいました。

日本人を特に歓迎してくださり、学校内では随時サポートしてあげたい、本当に英語を学びたいという学生に出会うことができてとかったとおっしゃっていただきました。

Oguri_family_visited_douglas_colleg今回下見にこられた学生さんは2年間の留学を予定されておられます。ご一緒にこられたご両親様から『今回バンクーバーに来て、実際に学校も見学させていただき、担当の先生、コアカナダの中野さんにもお会いできて安心しました。』とのご感想をいただきました。



Oguri_family_visited_douglas_coll_2
一週間たらずのバンクーバー滞在でしたが、観光もされ、親子で楽しまれたご様子で本当によかったなと思います。



来春ダグラスカレッジはブリティッシュコロンビア大学とともにコアカナダのサポートのもと、日本の高校を中心に留学説明会を行う予定です。
(※日時や場所の詳細はまたブログでもおしらせいたします。)

ダグラスカレッジは世界大学ランキングで京都大学・大阪大学と並ぶ評価を得たブリティッシュコロンビア大学、サイモンフレーザー大学、ビクトリア大学への編入制度
をもっていますので、もし2年間頑張った後、カナダでもっと頑張りたいと思ったら時間を無駄にすることなくブリティッシュコロンビア大学の学士編入(3年次編入)ができます。

Concourse_2 コアカナダではダグラスカレッジ入学だけでなく、学生生活や単位の移動、教員資格を持つスタッフによるアカデミックカウンセリングなども全て行います。また日本の4年制大学への編入サポートも行っています。

今は夢と同じくらい不安もあると思いますが、ただ入学したら終わりではない、生涯留学サポートのあるコアカナダにお任せくださいgood 安心の留学サポートをさせていただきます。

Douglas College(ダグラスカレッジ)のホームページはこちら

University of British Columbia(ブリティッシュコロンビア大学)のホームページはこちら

Simon Fraser University(サイモンフレーザー大学)のホームページはこちら

University of Victoria(ビクトリア大学)のホームページはこちら
 

カナダ留学のコアカナダ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本当の夢を見つめて:大学留学決意

2009年5月より、日本の高校を卒業してカナダの大学に留学されるOさんからのメールの一部をご紹介します。

Oさんは日本の有名私立大学への合格結果をもらい、それでも自分は留学したいと思うか大変悩まれた結果留学という道を選ばれました。
まだ高校生のうちから自分の意思を吟味して、冷静に夢を見つめることができる大変立派な学生さんだと思います。
また、ご両親のご理解も大変寛大ですばらしいとおもいます。

本人のやる気は十分見られますので、COAの徹底サポートがあれば怖いものなしだと思ってくださいねgemini

----------------------------------------------------------------------

Resize 先月の22日、合格発表があり、無事に合格する事が出来ました。
それからたくさん悩んだ結果、カナダに行く事を決めました。
 
合格してから今まで本当に悩みました。
前にも聞いて頂いたのですが、私は一度も海外経験がありません。
それにもかかわらず4年間もいきなり留学をすることに不安がありました。
でもそれは、自分の努力次第でなんとでもなります。
今日、やっと自分の中で決断する事が出来、親にもU先生にも報告ました。
 
ずっと夢見てきた留学が現実のものとなるなんてまだ実感がありません。
何年もの間、夢見て来た事だけに人よりも悩んだと思います
今、こうして決断出来たのは決して私だけの力ではないと思っています。
中野さんにもたくさん相談させて頂き、たくさんのアドバイスを頂いた事、本当にありがとうございました。

決断したからには、もう迷いません。
決断した今も、もちろん不安はありますが残された日本での時間を大切にし、
カナダでも充実した生活を送れる様に今から出来る事を精一杯頑張りたいと思います。
本当にありがとうございました。そして宜しくお願いします。
一年後にはどれだけ話せるようになってるんだろう…★
と楽しみです。早くカナダに行きたいです。

本当に早くカナダで英語を勉強したいです。
毎日必ず一回はカナダでの自分を妄想していて、顔がにやけているのか必ず友人につっこまれます(笑)

本当に私だけではなく、全国で同じ様に悩んでいる人が一人でも夢を叶えられれば良いと思います!

カナダ留学のコアカナダ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夢への決断:大学留学決意

今回は来年5月より、日本の高校を卒業してカナダに留学される生徒さんの【留学を決意した理由】をご紹介します。

-----------------------------------------------------------

Photo

私は最初、日本の大学へ進学しようか留学するかで本当に悩みました。
正直、日本の大学へ行くほうが無難だろうな、とか思ってたりもしました。

でも、やっぱり語学を勉強するなら現地で直接学んだほうが絶対身に付くし、
私の知人で海外で働き、頑張っている人達からのアドバイスもあり、
行くなら(年齢的にも)今がいいと思い、留学を決めました。

私には将来、英語を活かせる仕事に就職したいという夢があります。
やっぱり留学に向け、外国での生活や、勉強の事など不安な気持ちもありますが、
今チャレンジすることで将来の夢に一歩でも近づけることを目指して留学を決意しました。

----------------------------------------------------------

コアカナダは、他の留学情報センターとは異なり、カナダの州立大学(日本の国立大学とおなじです)ときちんと提携を結び、学生さんの目的に合わせたカリキュラムを組んでいます。

ただ英語を話せればいい、語学学校に行けばいいという形ではなく、
きちんと現地のカナダ人学生
とも対等に学び合うことで本当に身になるものを得て欲しいと思っています。
現にカナダの2年制・4年制大学を卒業し、カナダで就職した学生さん、
また日本に逆編入(これをお手伝いできるのは、コアカナダがカナダの州立大学ときちんとした協定を結んでいるからです)して日本の大学を卒業した学生さんもいらっしゃいます。

ちなみに日本でもカナダ大使館のおこなうプローモーション活動で、コアカナダはダグラスカレッジ、UBC(ブリティッシュコロンビア大学)とともにプログラムの進行をいたします。
UBCはカナダの大学ランキングで毎年5本の指に入る大学です。
カナダは日本の東京・大阪のように大都市が東と西にありますから、さしづめ日本の京都大学のようなところです。
1月の日本へのプロモーションについても、来週この2つの大学とミーティングを持つ予定です。

大学というのは日本人にとってとても大事な選択です。
その先の就職、人生をも左右するほどですので、学生さんは必死で受験をしたり勉強したりします。

そんな大事な決断を、適当になんの保証もない大学へ留学することにしてしまっては大変です。
未来にきちんとつながる、アカデミックな留学・身になる留学を考えてみられてはどうでしょうか。

カナダ留学のコアカナダ

| | コメント (0) | トラックバック (0)